無所属 山形市議会議員 伊藤かおりオフィシャルサイト
伊藤かおり

活動報告

100歳以上高齢者数 山形県内495名

平成23年9月15日までに満100歳以上になられた方は、山形県内では495人(男性58人、女性437人)。そして白寿を迎える方(数え99歳、大正2年生まれ)は、県内に479人(男性85人、女性394人)いらっしゃいます。

「県100歳以上の高齢者数」(参考:山形県資料)

関連:100歳以上高齢者数年次推移(厚生労働省データ)

H23ken_hyakusai

小雨がしっとりと降る中、本日は南山形地区社会福祉協議会主催の長寿を祝う会へ出席してまいりました。200名を越す高齢者の方々にお集まりいただき、市より、米寿・金婚ご夫妻への賀詞記念品贈呈、地区社会福祉協議会よりお祝い品の贈呈があり、南山形小学校の柴田美玖さんから参加された皆様方へお祝いと励ましのメッセージが読まれ涙ぐむ参加者もいらっしゃいました。

私の住む南山形地区では今年、米寿を迎えられた方が45名。金婚式を迎えられた方は29組、そしてなんと100歳を迎えられた方は6名もいらっしゃいます。

先に発表された厚生労働省資料(本年度中に100歳以上になられる高齢者(表彰対象者)24,952人)によりますと、100歳以上高齢者数は年々急速に増え、日本全国で4万7,756人にのぼり、老人福祉法が制定された昭和38年には全国で153人でしたが、昭和56年には1千人、平成10年には1万人を超え、平成21年には4万人を突破し、本年は47,756人(前年比+3,307人)とのこと。 ちなみに、47,756人のうち、女性が全体の約87.1%を占め41,594人となっています。

日本人の平均寿命は、男性78.56歳、女性85.52歳(国内最高齢114歳)

推計によれば・・・2050年には2.5人に1人が65歳以上になる超高齢化社会を迎えることになります。

ところで、話は変わりますが、昔、江戸時代に生きた蘭学者杉田玄白は83歳のときに「養生七不可」というものを書き表しました。医師として医学研究に励んだ50年間の振り返りと古希のお祝いとして書いたもの。健康を保つためのべからず7か条です。

  • 一、昨日の非は恨悔すべからず。(昨日の失敗は後悔するな)
  • 一、明日の是は慮念すべからず。(明日の心配事に思いわずらうな)
  • 一、飲と食とは度を過すべからず。(飲食は度を過すな)
  • 一、正物に非れば筍(いや)しくも食すべからず。(悪いものは食べるな)
  • 一、事なき時は薬を服すべからず。(病気でないときは薬を飲むな)
  • 一、壮実を頼んで房を過すべからず。(元気であるからといって女性と接しすぎるな)
  • 一、動作を勤めて安を好むべからず。(つとめて体を動かせ)

そういえばストレスが多い現代人は、くよくよせずに明るく楽しく生きることが一番の長寿の秘訣だと教えられたことがあります。

「解体新書」や「蘭学事始」で有名な杉田玄白は85歳、「養生訓」の貝原益軒は85歳、「南総里見八犬伝」の滝沢馬琴は82歳、「富嶽三十六景」の葛西北斎は90歳と、大変な長命でありました。

この時代、圧倒的に乳幼児死亡率が高く(これは平均余命を下げる大きな原因)、人口がほぼ一定した江戸期の日本人の平均死亡年齢は男女とも27・8歳前後で、飢饉、疫病の流行期には17・8歳であったとの記録があります。以外にも江戸時代には80・90歳の高齢者も多くいたことも記録として残っています。安永5年(1776年)には江戸で100歳前後の高齢者が10人以上、寛政7年(1795年)の記録では越中富山の五箇の庄では100歳以上の老人が幾人か、80歳以下では夭折(ようせつ;若死)といわれていたとか。

古くから日本には年長者を敬うしきたりや敬老思想が根付いていますが、戦後の社会構造や家族形態の変化などからだんだんとこうした伝統が薄れてきてしまっているのはとても残念なことです。戦後66年が経ち、今日の私たちのまちや、市、県、そして日本の発展があるのは長年に亘るご長寿の皆さま方のご努力、忍耐があってのことと深く感謝をしますとともに敬意を表する次第です。ご長寿の皆様方にはこれからもますますお元気で溌剌とした日々を過ごされますようにご健康とご長寿をお祈りいたしております。私も皆様が安心して安全な生活を送れるようその他充実に全力を尽くしてまいります。

IMG_1256長寿を祝う会のようす

IMG_1248秋の涼風に揺れる稲穂

7月7日、県エアコン抑制一斉運動を実施。

7月7日、「エアコン節電」県民一斉運動が実施されます。

  • 実施日 平成23年7月7日(木)  13:00 ~ 15:00 (2時間)
  • 対象  県内企業・事業所、各世帯など県民全体
  • 目標  昨年同時期比の15%削減
  • 内容 重点時間帯に、特にエアコンの使用抑制を中心に計画的に節電を行うことにより、電力使用量を抑えるとともに、その結果を測定し公表する。

詳細 (山形県HPより)

http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

※ちなみに毎年7月7日は、「クールアースデー」となっております。施設や事業所、家庭などで一斉に電気を消す「七夕ライトダウン」など全国で実施しています。(平成20年6月17日に地球温暖化対策推進本部にて決定された。)

参考

環境省の節電国民運動 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17524&hou_id=13790

山形方式節電県民運動 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

東北電力管内の電気の使用状況(毎日1時間おきに分かります。)

https://selectra.jp/energy/kaisha/tohokuden

電気予報 on twitter(東北電力) →http://twitter.com/#!/tohokuepcoyohou

この夏の電力不足回避に向け、すでに県では山形方式節電県民運動を呼びかけているところではありますが、先ほど実施された社会実験では目標15%に届かず、さらなる企業、一般家庭での電力節約が求められています。山形市でも市庁舎の冷房設定温度29度にする(ですが今のところほぼ毎日エアコンは入っていないみたい)、エレベーター4基中2基を停止する、照明は50%消灯する、水、金曜日は職員のノー残業デーなどの取り組みを行っております。

県民お一人お一人が節電を身近に意識し、それぞれができることから節電に取り組みましょう。頑張りすぎて熱中症にならないように…くれぐれも無理のない程度に暑さ対策は万全に行ってください。

IMG_0713

山形での節電へ向けた取組み

夏場の電力不足回避に向けた『山形方式節電の社会実験(2回目)』が31日午後1~3時に行われました。目標の(前年同期比削減率)15%に届かず12%の節電という結果になりました。

社会実験1回目は夕方の家庭電力使用のピーク時に、そして2回目は事業所などの昼間のピーク時に実施されました。今の時期は季節柄、とくに冷暖房機器などもともと電力使用量が少ない時期でもあり、夏場の節電への取組みと単純比較しての節電削減率そしてこの実施時期には少々疑問がありますが、今回は県の周知不足が目標達成できなかった要因ではないかと思います。実際私も、このことを知らない県民が非常に多いと感じました。

 

(6月1日山形新聞より引用)

比較対象となる前年同期の消費電力は約113万kwで、実験中の消費電力は約14万kw(12%)減って約99万kwとなった。ただ、前日同時間帯の消費電力(約100万kw)と比べると約1%減にとどまっており、実験中の節電の成果はほとんどなく、日常的な節電が12%削減につながったとみられる。(引用終わり)

 

 

県民の皆様の日常的な節電に向けた取組みが前年比12%削減につながっているなんて!!と、私はこの記事を見て感激いたしました。この調子で夏場へ向け更にこれからも皆で力を合わせてそれぞれができる節電対策に努めれば、目標15%は必ず達成できるのではないでしょうか。助け合い東北!がんばろう山形! 私もがんばります。

 

 

関連(6月1日付山形新聞朝刊より)

7月末、8月の盆

特別強化期間に

県の環境施策の調整を図る環境やまがた推進本部会議の会合が31日、県庁で開かれ「山形方式節電」について7月にも社会実験を実施し、夏場には節電の特別強化期間を設定するなどの取り組み内容を決めた。

 節電県民運動の実施期間は6~9月に設定。6月は、3日のキックオフイベントを皮切りにPR月間とし、7~9月に本格実施。7月7日にエアコン利用を集中的に抑制する節電社会実験を行う。気温の上昇に伴い消費電力が伸びる「7月25日~31日」、お盆の時期に合わせた企業の定時退社や盆踊りなど地域活動への参加を呼びかける「8月10日~20日」を特別強化期間とし、一層の節電を呼び掛ける。一般家庭向けには電気料金の伝票を示すと抽選で景品がもらえるキャンペーンも行う。

 また、電力の消費状況や予想される電力需要をホームページなどで公表して知らせる「電気予報」の取り組みを検討している。

 

 

山形方式節電 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

取組み事例集http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/jireisyuu-vol1.pdf

【計画停電について実施予定やエリアについて】 こちらも皆さん確認いたしましょう。
東北電力http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html

※山形市全域は第7グループ(面白山は第3グループ)に属しています。
※「週間予定(翌週月曜日~日曜日)」は、毎週木曜日17時に掲載されています。

  • 活動報告
  • コラム
  • 伊藤かおり公式Facebook

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事