無所属 山形市議会議員 伊藤かおりオフィシャルサイト
伊藤かおり

活動報告

2014年1月の記事一覧

平成19年12月定例会

内容を簡単にまとめてみました。

平成19年12月定例会 一般質問

「思いやりといたわり」のある

やさしい市政を!

質問 先の9月定例会で質問したハローワークの窓口業務時間延長や、雇用の拡充策などについて、早急に改善する旨の答弁だったが、現段階での状況や今後の対策について伺いたい。

答弁 ハローワークを管轄する山形労働局に窓口業務延長の要望を行い、検討状況を伺ったが、職員配置の問題や勤務条件の変更を伴うことから、結論までにもう少し時間がほしいとのことだった。また、雇用拡充対応策は、新産業団地の開発や新しい工業振興計画の策定を通し、引き続き企業誘致を推進するとともに、地場産業の育成に努め、雇用機会の創出を図りたい。

質問 京都市職員が休暇を不正取得したり、全国の小・中学校で給食費を払わない教職員がいたとのマスコミ報道があったが、本市で同様の事案はなかったか。

答弁 これまでに本市職員が不正に特別休暇などを取得したり、教職員などが給食費を不払いしていた事案はない。

質問 学校における「いじめ」対策について、インターネット掲示板などへの書き込みによる「ネットいじめ」なども含め、どう取り組んでいるか。

答弁 特に児童・生徒の規範意識、他人を重んじることなど、学校教育の中で育てることに力点を置いている。なお、「ネットいじめ」の報告は受けていない。なかなかつかみづらいのが現状だが、危機感を持ち、PTAとの連携や県警本部などの協力も受けながら指導していきたい。

質問 企業倒産への対策や倒産により新たに生じる雇用確保の問題についてはどう考えるか。

答弁 倒産防止に向け、不況業種、原油高による対応を迫られている企業への融資あっせんなどの対策を強化している。就業対策についても、必要に応じ、雇用対策本部会議や連絡会議などを開催するなど、臨機応変な措置を取っていきたい。

質問 本市の伝統的工芸産業が絶えないよう、早急な対策と取り組みを図ってほしいがどうか。

答弁 守っていくべき業種がたくさんある。技術功労者ほう賞制度や事業所に対する後継者育成の支援策などを講じているが、絶やすことのないよう、今後とも大事にしていきたい。

質問 市長はじめ市幹部職員が率先して最前線に赴き、積極的な企業誘致を展開してほしいが

どうか。

答弁 トップセールスについては、これまでも幹部職員を含め、企業との情報交換、誘致に尽力しており、今後とも意欲的に行いたい。

質問 山形の農業を守るためにも、食料自給率向上を図る政策が必要と考えるがどうか。

答弁 自給率向上は大事なことであり、それを高めるには、地産地消や米を中心としたバランスのとれた日本型食生活の推進が一番有効だと考える。

質問 国に対し、強力かつ粘り強く「北方領土返還運動」を働き掛けるべきと思うがどうか。

答弁 国の内閣府北方対策本部および、本市が加盟している山形県北方領土返還促進協議会と緊密な連携を取りながら、今後とも粘り強い返還要求運動として取り組んでいきたい。

平成19年9月定例会

内容を簡単にまとめてみました。

平成19年9月定例会 一般質問

公平・中立・平等により

市民活動との共創を図れ

質問 国民年金保険料の着服事件が起きたが、本市はどうか。

答弁 東北管区行政評価局から担当職員と元職員の聞き取り調査を受けた。また、市の内部調査として退職者と在職者のヒアリングや人事記録、懲戒処分記録などの調査を行ったが、着服問題はないと確認した。

質問 各地で少年犯罪やいじめが起きている。再度教育の原点に立ち返り、道徳・しつけ教育を必要と考えるがどうか。

答弁 知性と品性にあふれる生徒の育成を目指しながら、今後も、人間尊重の精神と生命に対する教育を推進していく。

質問 市民を環境破壊や災害などから守るために、「森化計画」を推進したいがどうか。

答弁 緑の基本計画に基づいて進めているが、今後、公園整備は長期的な展望に立ち、多様な用途に沿った整備を進めたい。

質問 スポーツ振興の促進を図るため、いかなる取り組みと施策を講じていくのか。

答弁 二十年四月から新組織になる体育協会では、競技力の向上と競技団体の育成強化や生涯スポーツ、地域スポーツの振興に努めていきたい。

質問 街の活性化を図るため、若者に対し強力な雇用対策が必要と考えるがどうか。

答弁 就職支援については、ヤングワークサポートプラザでの相談、また、ハローワーク山形でも若者就職面接会を開催することになっている。第七次総合計画の中で、新たな産業団地開発をうたっており、企業誘致や雇用機会の創出に努めたい。

質問 市民活動支援センターの職員が、業務を一部受託しているNPO法人アミルの会員であるが、業務の受・委託者が兼務している状態についての認識はどうか。

答弁 以前は会員だったが、昨年八月に退会している。我々は、常に誠実に市政執行を行ってる。市民から疑念を持たれるようなことがあってはならない。

質問 指定管理者制度の指定期間を十年とする理由は何か。

答弁 施設運営については、中長期的な視野に立っての経営方針で行うのが最も効果的である。また、市民サービスの質的向上・安定性も確保される。それらが、雇用の安定性や地域経済の発展にもつながっていく。

質問 これまでの業務委託は随意契約であったが、今はそういう時代ではない。市の施設などは、公募すべきでないのか。

答弁 指定管理者の選定は公募を原則として考えており、コンペプレゼンテーションの趣旨を取り入れ、総合的に評価しながら選定を行いたい。ただ、施設の特性や専門性、地域と密着した運営が必要な施設については、非公募も考えている。

質問 政治と金の問題について、どう考えるか。

答弁 いかに透明性を確保するかが、政治家に課せられた使命であり、今後とも透明性を確保していきたい。

質問 観光地「面白山」の防犯安全対策についてはどうか。

答弁 地元やJR、消防、市で、災害などが発生した場合の打ち合わせを行っているが、今後とも要望や連絡を密にしたい。

平成19年6月定例会

内容を簡単にまとめてみました。

平成19年6月定例会 一般質問

新たな発想と施策の展開で

若者に魅力あるまちづくりを

質問 山形に若者をもっと定着させるような雇用環境を創出していくべきだと思うがどうか。

答弁 新たな企業誘致にも力を入れ、若者に魅力ある雇用の確保に努めていきたい。

質問 母子家庭と同等に父子家庭への支援も充実させるべきだと思うがどうか。

答弁 ひとり親家庭子育て生活支援事業などは、母子家庭と同等の対象としているが、児童扶養手当の支給については、国に対し要望することも検討していきたい。

質問 放課後児童クラブについて、地域格差を是正する策を講じてはどうか。

答弁 現在、家賃補助を行い、各クラブに合わせた支援を行っているが、今後とも実態を確認しながら取り組んでいきたい。

質問 待機児童をなくすため、保育園の整備計画を伺いたい。

答弁 十八年度に二園を整備し、今年度も一園を整備する予定である。今後も待機児童の解消に向け、子育て支援に努めていきたい。

質問 優秀な教員を採用するためにも、教育現場の環境改善が必要だと思うがどうか。

答弁 校長を中心に魅力ある学校づくりを進め、教師がゆとりと誇りと自信を持って、児童生徒を指導することが重要である。今後も国・県に対し、教職員定数の改善を要望していきたい。

質問 食料自給率を高め、後継者不足を解消するような農業支援策について伺いたい。

答弁 第五次農業振興基本計画において、収益性の高い都市型農業の確立により、農業所得の向上を図るとともに、多様な担い手の育成確保を目指している。今後も関係機関と連携し、各種施策に取り組んでいきたい。

質問 魅力的な商店街の形成と霞城公園内の市営球場をドーム型に改修することで、集客につなげ、中心市街地の活性化を図ってはどうか。

答弁 中心市街地活性化には、国から認定を受けられる基本計画の策定が必要と考えている。また、ドームについては、かつて建設基金を有していたが、財政状況を勘案し、建設を断念した経緯がある。

質問 犯罪に市民が巻き込まれることのないよう、未然防止策への取り組みはどうか。

答弁 現在、地域の方々の協力や子ども安全情報配信システムの導入により、安全確保に取り組んでいる。また、青色回転灯を装着しての防犯パトロールも行っており、今後とも山形市防犯推進条例に基づき、市民の安全安心に努めていきたい。

質問 市庁舎や教育現場でパワーハラスメントが行われている実態はあるのか。

答弁 そのような報告はないが、担当課でも適切に対処する体制をとっている。今後もさまざまな対策を講じていきたい。

質問 年々緑が減少している中、本市独自で、年間一人当たり百円の緑環境税を導入し、森化計画を図ってはどうか。

答弁 森化よりも公園整備を優先すべきと考えている。また、新たに税を導入する考えはなく、県のやまがた緑環境税を基にした事業を活用していきたい。

  • 活動報告
  • コラム
  • 伊藤かおり公式Facebook

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事