無所属 山形市議会議員 伊藤かおりオフィシャルサイト
伊藤かおり

活動報告

2011年6月の記事一覧

市《防災マップ》を順次ネット公開へ

市民待望のこれまで紙面でしか確認できなかった行政地図情報が、以前よりもパワーアップして、順次、ネット公開されることが決まったようです!

このサービスは、7月1日から始まります。

(引用)

6月26日(日) 山形新聞朝刊より

山形市保管の各種地図情報 来月からネット公開

第1弾は避難・給水場所など

行政で行ってきた各種の地図情報について、山形市は7月1日からインターネット上で
「山形市地図情報」として公開し、市民に提供することになった。これまでパンフレットなど紙面で目にしてきた防災マップを必要に応じて随時、パソコンや携帯で見ることができるようになる。

市統合型地理情報システム整備基本計画に基づき、市は2009年度から「地理情報システム(GIS)」を庁内に構築した。従来、各部署でばらばらに保管していたさまざまな地図情報を、データ化にしてコンピューターに集約。画面上に表した一つの電子地図から、必要な情報だけを示すことができるようになり、業務の効率化が図られた。

計画には当初から可能な範囲で市民に提供することも盛り込まれ、準備が進められてきた。来月1日からまず公開されるのは、「防災情報」の●避難場所●震災時給水場所●洪水避難地図。さらに、「施設情報」の●AED設置場所●保育施設位置●幼稚園の位置●市有施設の位置―。

特に東日本大震災で、重要性が再認識されている防災関連の地図情報は、ネットだと必要時に迅速に情報入手できるメリットがある。各情報は住所や施設からも検索できるようになる見込み。

公開に当たっては、システムの安全性を図るため、市から委託された業者がデーターを管理し、庁内で使用されるデーターとは別システムで取り扱われる。地図には山形市の公式ホームページのサービスメニューから入り、携帯サイトもここに示されるQRコードなどから入ることができるようになる。

今後は、●小中学校通学区域図●都市計画用途地域図●市道路網図―の公開を予定し、その後も随時更新していくという。

(引用終わり)

山形市HP(ここから確認できる予定)http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/

未曾有の歴史的大震災となった東日本大震災から学んだことはとても多く、日本のエネルギー政策や科学技術をはじめ、国難ともいえる状況で何ができるのか何をすべきなのか、自分たちに出来ることはあるのか。また自らの災害時の心のもちかた、ライフライン復旧までの食料・飲料・燃料などの備蓄など様々なことを考えさせられました。

しかしながら、大きな災害が発生した直後、携帯電話はまったくと言っていいほど役に立たない。基地局が無事でも、通話制限がかかるため、不安や苛立ちがつのるばかりだという実体験もあります。長時間の停電によりインターネットが使用不可だったということも聞いております。また、いざとなった時にすぐにネットを使える環境に居るとも限らないわけです。

万一のとき安全に避難できるように、常日頃から、緊急時には、自分や家族はどこに避難すればいいのか、誰が何を持って逃げるのか、家族間で連絡を取り合う方法や安否確認の方法など確認しておくことが大事です。

今後は、パソコンや携帯電話を使えない高齢者の方々や弱者への周知のしかた、避難誘導方法などさらに手厚いフォローが出来る施策を考えていかなければなりません。

このことに限らず、皆様のご意見や考えをお聞かせください。

また、これまで避難所として開放していた総合スポーツセンターは、避難者全員の二次避難先が決定したことにより、6月30日で閉鎖されます。今後は、避難者相互の交流や情報・物資の提供、イベント開催など安定した生活を確保することを目的とし、総合スポーツセンター内に、「山形市避難者交流センター」を設置することになります。7月1日より概ね1年間、開設時間は9:30~18:00(毎週月曜休館)

総合スポーツセンター地図

こちらへは南相馬市職員さんも常駐されるとのことです。

参考山形市地域防災計画(本編)

7月7日、県エアコン抑制一斉運動を実施。

7月7日、「エアコン節電」県民一斉運動が実施されます。

  • 実施日 平成23年7月7日(木)  13:00 ~ 15:00 (2時間)
  • 対象  県内企業・事業所、各世帯など県民全体
  • 目標  昨年同時期比の15%削減
  • 内容 重点時間帯に、特にエアコンの使用抑制を中心に計画的に節電を行うことにより、電力使用量を抑えるとともに、その結果を測定し公表する。

詳細 (山形県HPより)

http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

※ちなみに毎年7月7日は、「クールアースデー」となっております。施設や事業所、家庭などで一斉に電気を消す「七夕ライトダウン」など全国で実施しています。(平成20年6月17日に地球温暖化対策推進本部にて決定された。)

参考

環境省の節電国民運動 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17524&hou_id=13790

山形方式節電県民運動 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

東北電力管内の電気の使用状況(毎日1時間おきに分かります。)

http://setsuden.tohoku-epco.co.jp/graph.html

電気予報 on twitter(東北電力) →http://twitter.com/#!/tohokuepcoyohou

この夏の電力不足回避に向け、すでに県では山形方式節電県民運動を呼びかけているところではありますが、先ほど実施された社会実験では目標15%に届かず、さらなる企業、一般家庭での電力節約が求められています。山形市でも市庁舎の冷房設定温度29度にする(ですが今のところほぼ毎日エアコンは入っていないみたい)、エレベーター4基中2基を停止する、照明は50%消灯する、水、金曜日は職員のノー残業デーなどの取り組みを行っております。

県民お一人お一人が節電を身近に意識し、それぞれができることから節電に取り組みましょう。頑張りすぎて熱中症にならないように…くれぐれも無理のない程度に暑さ対策は万全に行ってください。

IMG_0713

市澤静山先生が山形へいらっしゃいました。

7月23日、書道家市澤静山先生の講演会に参加してまいりました。

テーマは、「書体の変遷・字体の変異について」です。

中国の古代王朝殷の時代にみられる「金文」「甲骨文」から、秦の始皇帝の文字統一、正確・威厳・整斉さが求められた字体や、実用的、速記的で簡略・粗雑・乱れる字体、乱れた字体を整理することによって変わっていった字体・・・ときには、字典をつくるためにデザイン性や見栄えのする字体を求めたことなど、分かりやすく説明していただきました。

現代の「常用漢字」を学校で習ったときとは違う漢字の面白さを発見出来たことが一番の収穫でした。

IMG_0757

講演会の様子

約100名ほどの県内書道関係者が参加されました。

IMG_0769

日展評議員 読売書法会常任理事 謙慎書道会常任理事 信州大学名誉教授であられる市澤静山先生

青少年市民会議と善行表彰

本日15時より市役所11階大会議室に於いて、平成23年度山形市青少年市民会議総会が行われました。

山形市長、山形市議会議長、山形県青少年県民会議会長が来賓として出席され、われわれ市会議員も8名出席いたしました。

武田誠(山寺地区青少年健全育成連絡協議会)会長、来賓の方々よりご挨拶があった後、平成22年度事業報告、収支決算および監査報告、平成23年度事業計画、収支予算について議事が行われました。

seisyounensiminkaigi

山形市青少年市民会議は、昭和48年に発足、平成25年には40周年を迎えます。次代を担う青少年が、思いやりの心を育みながら健やかに成長することを願って、参加団体、有志者が協力・連携し、広く市民の総意を結集し青少年の健全な活動および育成を図ることを目的に、趣旨に賛同した個人(150件)・団体(105件)・賛助(1件)会員からの会費(平成22年度収支)により運営されております。山形市からは年間17万円、日本赤十字社より年間1万円が補助金として交付されています。

「家庭の日」標語(H22最優秀賞「叱られた 痛みの分だけ 愛がある/山形四中2年 菊池真子さん)・街頭啓発活動、中学生夏休み生活標語(H22最優秀賞「夏の雲 おいこせ高く 僕の夢」/蔵王一中1年 丸山皓さん)、青少年善行表彰(H22 千歳小学校児童会、双葉小学校児童会、蔵王高等学校生徒会)、親子ふれあいのつどい、自転車マナーアップ活動などを行っています。

このたびの善行表彰は3団体です。

山形県立山形北高等学校2年 吉田あゆみさん(ボランティア活動として雪かきをした)、山形市立第四中学校生徒会(社会のために役立つ行い)、山形県立山形南高等学校生徒会(東日本大震災復興支援活動)です。武田会長より壇上にて表彰状が手渡され、会場から多くの拍手が送られました。

近年、社会環境が目まぐるしく変化する状況下において青少年は様々の問題を抱えています。周囲の人間関係や家族間のコミュニケーション不足、有害なネットサイトや、虐待、非行、犯罪に巻き込まれる危険など敏感な心は常にそれらを感じうつしとります。

国において平成21年4月に「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が施行され、携帯電話のフィルタリングが義務化になり、平成22年4月には「子ども・若者育成支援推進法」が施行、新たな青少年育成大綱となる「子ども・若者ビジョン」が決定され、青少年の健全な成長をより総合的に支援する取り組みがなされています。

県では、平成22年3月より「山形県青少年健全育成基本計画」に基づき諸施策を展開しています。

「山形県青少年健全育成基本計画」.pdf

また昭和54年3月に制定「山形県青少年保護条例(昭和54年3月制定)」が、平成20年12月に「山形県青少年健全育成条例」に名称変更し、平成21年4月より施行されています。青少年の健全な育成を一層推進するための規定を新設・改正し、有害なインターネット情報を青少年に視聴させないように、また深夜に営業している施設内にいる青少年に対して帰宅を促す努力義務規定などが新設されています。

わが山形市では、平成22年に「山形市教育基本計画」を策定、山形らしい青少年の健全育成によりパワーアップした施策の展開が期待されるところです。

「山形市教育基本計画」

私自身、このたび青少年市民会議へ出席し、こんなにも多くの青少年育成団体が地域にあることに驚いた次第です。常に多くの市民のあたたかい目が青少年に向けられています。

社会環境の急激な変化に青少年を取り巻く状況はますます厳しくなる中、一人でも多くの皆さんがこの山形市で健やかに成長され、ゆくゆくは再び地域に貢献してくださるだろうことを切に願ってやみません。

7月9日『放射線についての講演会』を開催します。

このほど標記の件で講演会を開催することになりましたので、お知らせします。

尚、山形市内における第1回目の放射線量測定結果については先日お伝えしましたとおり、市HPで公開されていますのでご確認ください。

山形市内空気中の放射線量の測定結果について(毎日更新)

※参加ご希望の方は、山形市役所環境課へ電話連絡のうえ、会場へ直接お越しください。

山形市役所
〒990-8540 山形市旅篭町2-3-25
電話:023-641-1212(代表) FAX:023-641-2535
窓口受付 月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前8時30分~午後5時15分(一部の届出を除く)

山形市の空気中の放射線量測定結果について

多くの市民の皆様よりご要望がありました、山形市内の放射線量について、市では独自に検査を実施しました。

●第1回目の測定期間は、平成23年6月10日から13日までの4日間

●測定個所は、 市立小中学校、市立保育園・児童館、公立学校等(大学付属)、民間施設の計160箇所。

市職員が校庭園庭の中央、地上50cmと100cmの高さでGM管式簡易放射線測定器を使用し簡易調査を実施。

特に子供をもつ保護者の皆様方より空気中の放射線量測定を望む声が多数寄せられたことや、文科省が福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な考え方を示していることから、市内全域にバランス良く分布している小中学校、保育園、幼稚園等の校庭・園庭を調査地点として市職員が測定機器をもって調査を実施しました。

測定の結果は、1時間当たり0.07~0.26マイクロシーベルトの範囲内となりました。

(※4月19日付文部科学省「福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な考え方において」の通知における目安とされているのは、1時間当たり3.8マイクロシーベルト)

参照:文科省通知福島県内の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」

前述のとおり今回の測定の結果、山形市内全域において目安となる数値を下回る結果となりました。

第1回目の結果の詳細は、あす21日、市HPで公表されます。

当分の間、今回測定した160か所を月2回の頻度で定期的に測定していくことも決まりました。結果は、随時、市HPで公表されます。

山形市放射線測定値についてHP

放射線量測定は、県ではすでに1日4回(おおむね9時30分、12時、15時、18時更新)実施している所ではありますが、

(関連:山形県HPより

全国的に測定器が品薄、不足している状態で、今回の市調査では簡易測定器を使用しました。今後は現在、県で使用している同型の測定器が納品となり次第シンチレーション式測定器で測定する予定です。

こういったきめ細やかな対応を進んで市が行うことによって、本当に少しでも市民の皆様の安心安全な生活へ繋がればと思っています。そのために私たち議員も積極的に発言してまいりたいと思ます。ご意見等ありましたらいつでもお寄せ下さい。

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学が学校法人統合へ

わかりやすいのでそのまま載せます。

(2011年6月16日/プレスリリースより)

学校法人東北芸術工科大学と学校法人瓜生山学園 法人統合へ向けて協議することで合意

芸術系大学としては国内最大規模の在学生を擁する学校法人に

東北芸術工科大学(山形市上桜田/学長:根岸吉太郎)を運営する学校法人東北芸術工科大学と、京都造形芸術大学(京都市左京区/学長:千住博)を運営する学校法人瓜生山学園は、2012年4月1日の法人統合に向けて協議を進めることで合意、学校法人東北芸術工科大学は6月13日の理事会で、学校法人瓜生山学園は6月14日の理事会で承認されました。今後両法人は、法人統合協議会を設置して統合に向けての協議に入ります。

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、これまで20年間姉妹校として密接な連携を取ながら『藝術立国』を共通の志に、2003年には韓国事務所を、2006年には東アジア芸術文化研究所を、そして2010年には東京に外苑キャンパスを共同で開設するなど共に歩んで参りました。今後、更なる連携を模索している場面でおりましたが、今回東日本大震災という日本の国難が生じ、学生募集が好調である今、より磐石な体制で東北および日本の再生に寄与するべく、今回の統合を協議するにいたりました。

なお、今回の統合は、両校の学部学科や教員組織をこれまで通り維持しつつ、更なる連帯ができる体制を整えることを目指すもので、統合後の法人名称も、両校が提唱する理念『藝術立国』に由来する「学校法人藝術学舎」に改称した上で再スタートする予定です。

また、今回の法人統合が実現した場合、結果として在学生数10,871人(うち通信教育生5,495人)、帰属収入112億8,479万円となり、芸術単科の大学法人としては、国内で1,2を争う規模となります。

山形市議会6月定例会(6月16日)

本日、10時より山形市議会議場において、一般質問が行われました。

今回当選されました新人議員の方々が壇上にて質問されました。

概して防災、子育て支援、老人介護問題についての質問項目が非常に多く、市民を取り巻く現在の厳しい環境をどの議員も実体験や具体的事例を挙げて切々と語っておられたのが印象的でした。

特に市民生活に直結するこれらの重要課題を一刻も早く解決していかなければ、われわれ市民の安心安全な生活は守れません。

市川市長は、市独自でもできることはどんどん検討していく。そうでないことは国や県と連携して取り組んでいくと答弁しておられましたが、財政的に厳しいのならば収支バランスで市の収入を増やす努力をもっとすべきだし、お金がかからず、すぐにでもできることは即実行していくといった力強いリーダーシップを行政の長としてもっともっと発揮していただきたいものだと感想をもった次第です。

私たちの山形をもっと住みよい街へとしていくために、是非とも市執行部の方々、そして市民の皆様と我々議員が一致協力をし、発展的な市政運営を図っていくべきと考えます。そのために私も誠心誠意、身を粉にして勤めさせていただく覚悟です。

明日10時より、引き続きましての一般質問が行われます。

HPで本会議の中継がご覧いただけます。山形市議会

山形市議会6月定例会

本日、山形市議会6月定例会が招集され、市川昭男市長より平成23年度一般会計補正予算と諸議案が上程され、それに関しての説明および質疑が行われました。

会期は本日6月9日より6月29日までの21日間です。

この度の補正予算は東日本大震災に関係しての対策や国・県の内示に基づく事業を中心としたものです。
その他事件決議及び条例関係が8件、報告案件4件、請願2件あります。

市民の皆様のご意見が十分に反映される市議会になるよう全力で取り組んで参ります。

会期中は議会のようすを議会傍聴できます。またインターネット中継もされますので、お時間のある方はどうぞお越しください。

山形市議会インターネット議会中継

日程等の詳細はこちらの市議会ホームページをご覧ください。

山形での節電へ向けた取組み

夏場の電力不足回避に向けた『山形方式節電の社会実験(2回目)』が31日午後1~3時に行われました。目標の(前年同期比削減率)15%に届かず12%の節電という結果になりました。

社会実験1回目は夕方の家庭電力使用のピーク時に、そして2回目は事業所などの昼間のピーク時に実施されました。今の時期は季節柄、とくに冷暖房機器などもともと電力使用量が少ない時期でもあり、夏場の節電への取組みと単純比較しての節電削減率そしてこの実施時期には少々疑問がありますが、今回は県の周知不足が目標達成できなかった要因ではないかと思います。実際私も、このことを知らない県民が非常に多いと感じました。

 

(6月1日山形新聞より引用)

比較対象となる前年同期の消費電力は約113万kwで、実験中の消費電力は約14万kw(12%)減って約99万kwとなった。ただ、前日同時間帯の消費電力(約100万kw)と比べると約1%減にとどまっており、実験中の節電の成果はほとんどなく、日常的な節電が12%削減につながったとみられる。(引用終わり)

 

 

県民の皆様の日常的な節電に向けた取組みが前年比12%削減につながっているなんて!!と、私はこの記事を見て感激いたしました。この調子で夏場へ向け更にこれからも皆で力を合わせてそれぞれができる節電対策に努めれば、目標15%は必ず達成できるのではないでしょうか。助け合い東北!がんばろう山形! 私もがんばります。

 

 

関連(6月1日付山形新聞朝刊より)

7月末、8月の盆

特別強化期間に

県の環境施策の調整を図る環境やまがた推進本部会議の会合が31日、県庁で開かれ「山形方式節電」について7月にも社会実験を実施し、夏場には節電の特別強化期間を設定するなどの取り組み内容を決めた。

 節電県民運動の実施期間は6~9月に設定。6月は、3日のキックオフイベントを皮切りにPR月間とし、7~9月に本格実施。7月7日にエアコン利用を集中的に抑制する節電社会実験を行う。気温の上昇に伴い消費電力が伸びる「7月25日~31日」、お盆の時期に合わせた企業の定時退社や盆踊りなど地域活動への参加を呼びかける「8月10日~20日」を特別強化期間とし、一層の節電を呼び掛ける。一般家庭向けには電気料金の伝票を示すと抽選で景品がもらえるキャンペーンも行う。

 また、電力の消費状況や予想される電力需要をホームページなどで公表して知らせる「電気予報」の取り組みを検討している。

 

 

山形方式節電 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

取組み事例集http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/jireisyuu-vol1.pdf

【計画停電について実施予定やエリアについて】 こちらも皆さん確認いたしましょう。
東北電力http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html

※山形市全域は第7グループ(面白山は第3グループ)に属しています。
※「週間予定(翌週月曜日~日曜日)」は、毎週木曜日17時に掲載されています。

  • 活動報告
  • コラム
  • 伊藤かおり公式Facebook

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事