無所属 山形市議会議員 伊藤かおりオフィシャルサイト
伊藤かおり

活動報告

2011年5月の記事一覧

新清掃工場(流動床式に決定)

平成23年5月31日に開催された山形広域環境事務組合(山形、上山、山辺、中山の4市町)臨時議会におきまして、山形市と上山市に建設を予定している2つの新清掃工場の処理方式が流動床式ガス化溶融方式に決定したことが報告されました。これは議会前に行われた各首長による管理者会議で協議して決定され、その内容について同日開催の組合議会全員協議会にて報告されたものであり、参考までに内容を添付させていただきます。

(以下)

山形広域清掃工場処理方式検証結果について会議報告書の概要(抜粋)

1、処理方式の検証結果について

処理方式の検証は、平成15年度の処理方式検討会議における評価の枠組みを踏襲し、7つの性能項目である「中間処理性」、「環境保全性」、「再資源化性」、「施設の安全性」、「維持管理性」、「施設規模」、「経済性」について、改めてメーカーへのシステム調査等を行い、メーカー回答を基にした処理方式の比較評価を行った。評価に際しては、山形広域環境事務組合が掲げる施設規模の基本方針に沿った「信頼できる施設」を重視して、各性能項目に重み付けして総合的に評価した。

その結果、「流動床式ガス化溶融方式」が、「環境保全性」、「施設の安全性」、「経済性」、「再資源化性」の面で優れていると判断し、前回の検討会議での評価結果と同じように、総合的に最も近い評価を得た。評価検証結果を表1に示す。

なお、処理方式の検証にあたっては、「整備工場数は2工場」であること、「発注時期は2工場同時」であること、「施設規模は2工場で300t/日(1工場150t/日)」であること、「焼却残渣は溶融し溶融スラグとして資源化」すること、及び、処理対象物は上記の2市2町のごみ分別区分において、現状の燃やせるごみに、立谷川リサイクルセンターで破砕、分別等を行っているプラスチック類、雑貨品・小形廃家電類及び粗大ごみの処理残渣を含め処理することを前提においた。

表1

順位 処理方式
1位 流動床式ガス化溶融方式
2位 シャフト式ガス化溶融方式
3位 ストーカー式焼却+焼却残渣溶融方式

2、施設整備を進める上での留意事項

今後、施設整備を進めるにあたり、次の事項について留意しておく必要があると考える。

○     2工場を同時に整備することについて、共通仕様部分と各予定地での余熱利用や敷地の制約をそれぞれ反映した独自仕様部分の発注条件の検討を進めること。

○     今後の計画においても、処理対象物であるプラスチック類については、環境負荷や経済性、資源循環の面での総合的に優れるサーマルリサイクルによりエネルギー資源の効率的な利用を図り、市民の負担を軽減するためにも、長期的に経済的な安定運転を勘案した計画を推進していくこと。

○     この度の東日本大震災のように長大規模災害の発生も考えられるので、更に高い安全性に配慮したシステムを構築していくためにも、最新の防災技術を取り入れていくなど、安全対策については十分な検討を進めて行くこと。

夏場の消費電力15%削減へ~取り組みを始めましょう。

今夏の山形市の節電対策について。今朝の新聞に載っていたのでそのまま引用します。

山形新聞 5月24日朝刊より

「冷房設定29度に 山形市」

山形市は25日から、庁舎内で省エネ、節電をスタートさせる。9月30日まで冷房の設定温度は29度に、さらにエレベーターの半数を使用停止とし、前年ピーク時の平均消費電力に比べ15%の削減を目指す。▽28度だった冷房設定温度を29度に上昇▽南側のエレベーター4基のうち2基を停止させ、残り2基も稼働時間は午前8時~午後5時半▽職務時間中の照明は50%消灯▽ノー残業デー(水曜日、金曜日)や定時退庁(午後5時15分)の徹底などを具体策とした。

23日の定例記者会見で市川昭男市長は「市民と一体で一人一人できることから節電に取り組み、(東北電力の)計画停電の回避を確実にしたい」と話した。(引用終わり)

一般家庭のひと月の平均消費電力はだいたい300kwhくらい。一般的にエアコンは、設定温度を上1度げると約10%の節電になるといわれています 。冷房の場合は、1度上げた温度調節の省エネ効果は30Whくらいです。電気料金を22円/kwhで計算すると、0.03kwh×30日×8時間(1日の使用時間)×22円/kWh=約158.4円/月となり、ひと月158円の節約にもなります。ちなみにわたしの事務所のエアコンは消費電力2.085kw。電気代もかかりますし、わたしは個人的にエアコンよりも自然の風に近い扇風機の方が好きです。冷え性が治らないうえ風あたりに弱いもので、車のクーラーなんかもやっぱり苦手です・・・。

県でも、明日25日、「山形方式節電」の社会実験が実施されます。

○ 実施時期 第1回  平成23年5月25日(水)  17:00 ~ 19:00

第2回  平成23年5月31日(火)  13:00 ~ 15:00

みなさま、ぜひ社会実験を行う時間帯には一層の節電の取り組みをいたしましょう。計画的に節電を行うことによりその効果を検証し、夏場の電力不足回避につなげる目的で実施されます。

県の節電目標は、前年同期比(5月下旬)15%削減。目標達成のために約15万kw(試算)の節電が必要とのことです。

15万kwとは・・・

  • 一般家庭(消費電力30A)が最大限に電気を利用した場合 → 約5万戸分
  • 消費電力500kw程度の大型工場に換算すると → 約300ヶ所分
  • 100w蛍光灯であれば → 150万本分

だそうです。

県内の消費電力のうち一般家庭分は約3割ですので、単純計算で15万kwのうち3割の4万5千kwを山形県民(388,176世帯)みんなで節電すると例えれば・・・1世帯あたり0.1159kwですね。参考に、一世帯あたりひと月の平均消費電力はだいたい300kwhくらいです。

山形県ホームページに詳細がでてますので載せます。

また、企業・事業所向けと一般家庭向けに具体的な節電への取り組み事例が載ってますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

山形方式節電 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/setudenundou.html

取り組み事例集 http://www.pref.yamagata.jp/ou/seikatsukankyo/050009/setuden_onegai/jireisyuu-vol1.pdf

【計画停電について実施予定やエリアについて】 こちらも皆さん確認いたしましょう。

東北電力http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html

※山形市全域は第7グループ(面白山は第3グループ)に属しています。

※「週間予定(翌週月曜日~日曜日)」は、毎週木曜日17時に掲載されています。

市議会5月臨時会が行われました。

5月17日(火)、山形市議会5月臨時会が行われました。会期は今日1日間。

4時過ぎまでかかり、つい先ほど片谷地の事務所に戻ってきたところです。

まずもって議長選挙、副議長選挙が行われ、常任委員の選任、正副委員長の互選などがあり、これから2年間の各々の議員が就く役職が決まりました。

それぞれの議員が先ほどの市会議員選挙で選ばれ市民の代表として職に就いている訳であり、25万人の市民の皆様方の意見集約、開かれた公明公正な議会を、そして山形市にとって必要な建設的な議論をしていくため、正副議長は第1、第2会派からそれぞれが選出されるべきであるという私なりの考えと人物本位の視点、そしてなにより市民目線で票を投じさせていただきました。

結果をご報告いたします。

◎議長選挙(出席議員数35人)

≪有効35票≫ うち加藤孝(市民連合山形市議団)21票、鈴木善太郎(自由民主党新翔会)14票

当選者 加藤孝議員

○副議長選挙(出席議員数26人)

≪有効21票≫ うち鑓水一美(緑政・民主・公明クラブ)21票

≪無効5票(白票)≫

当選者 鑓水一美議員

以上の通りとなりました。議長に加藤孝議員、副議長に鑓水一美議員が就任しました。(どちらも任期は2年間です。)

なお、常任委員会の中で、私伊藤香織は、厚生委員会に所属します。

どんなことでも結構ですので、皆様からのご意見をお聞かせください。お待ちしています。

山形市議会インターネット中継、録画・ライブラリー http://www.yamagata-city.stream.jfit.co.jp/

それでは、これから毎週の書道教室へ行ってまいります。展覧会用の大きな作品を近々仕上げなければならないため、スーツから汚れてもいい格好に着替えをして駆け足で行ってまいります。

作品は後日公開予定です;

  • 活動報告
  • コラム
  • 伊藤かおり公式Facebook

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事