無所属 山形市議会議員 伊藤かおりオフィシャルサイト
伊藤かおり

活動報告

平成19年6月定例会

内容を簡単にまとめてみました。

平成19年6月定例会 一般質問

新たな発想と施策の展開で

若者に魅力あるまちづくりを

質問 山形に若者をもっと定着させるような雇用環境を創出していくべきだと思うがどうか。

答弁 新たな企業誘致にも力を入れ、若者に魅力ある雇用の確保に努めていきたい。

質問 母子家庭と同等に父子家庭への支援も充実させるべきだと思うがどうか。

答弁 ひとり親家庭子育て生活支援事業などは、母子家庭と同等の対象としているが、児童扶養手当の支給については、国に対し要望することも検討していきたい。

質問 放課後児童クラブについて、地域格差を是正する策を講じてはどうか。

答弁 現在、家賃補助を行い、各クラブに合わせた支援を行っているが、今後とも実態を確認しながら取り組んでいきたい。

質問 待機児童をなくすため、保育園の整備計画を伺いたい。

答弁 十八年度に二園を整備し、今年度も一園を整備する予定である。今後も待機児童の解消に向け、子育て支援に努めていきたい。

質問 優秀な教員を採用するためにも、教育現場の環境改善が必要だと思うがどうか。

答弁 校長を中心に魅力ある学校づくりを進め、教師がゆとりと誇りと自信を持って、児童生徒を指導することが重要である。今後も国・県に対し、教職員定数の改善を要望していきたい。

質問 食料自給率を高め、後継者不足を解消するような農業支援策について伺いたい。

答弁 第五次農業振興基本計画において、収益性の高い都市型農業の確立により、農業所得の向上を図るとともに、多様な担い手の育成確保を目指している。今後も関係機関と連携し、各種施策に取り組んでいきたい。

質問 魅力的な商店街の形成と霞城公園内の市営球場をドーム型に改修することで、集客につなげ、中心市街地の活性化を図ってはどうか。

答弁 中心市街地活性化には、国から認定を受けられる基本計画の策定が必要と考えている。また、ドームについては、かつて建設基金を有していたが、財政状況を勘案し、建設を断念した経緯がある。

質問 犯罪に市民が巻き込まれることのないよう、未然防止策への取り組みはどうか。

答弁 現在、地域の方々の協力や子ども安全情報配信システムの導入により、安全確保に取り組んでいる。また、青色回転灯を装着しての防犯パトロールも行っており、今後とも山形市防犯推進条例に基づき、市民の安全安心に努めていきたい。

質問 市庁舎や教育現場でパワーハラスメントが行われている実態はあるのか。

答弁 そのような報告はないが、担当課でも適切に対処する体制をとっている。今後もさまざまな対策を講じていきたい。

質問 年々緑が減少している中、本市独自で、年間一人当たり百円の緑環境税を導入し、森化計画を図ってはどうか。

答弁 森化よりも公園整備を優先すべきと考えている。また、新たに税を導入する考えはなく、県のやまがた緑環境税を基にした事業を活用していきたい。

Post Comment

コメント
  • 活動報告
  • コラム
  • 伊藤かおり公式Facebook

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事